飲食店に就職するには覚悟が必要

飲食店に就職するには覚悟が必要

飲食店に就職するには自分の将来のビジョンがしっかりしていませんと余り勧められる仕事とは言えません。

 

初めに自分が料理や接客が大好きという方で、将来は自分も独立して飲食店を開業したいというビジョンをお持ちならオススメ出来ます。
渋谷にあるイタリアンのお店なんかは若い人にも人気が高いですね。

 

自分で独立開業したいといい夢はなくても飲食業が好きなので、将来は一流のシェフになりたいとか一流のサービス技術を身につけて外国にも行って技術を生かしたりマネージャーや調理長になって頑張りたいという目的がある方にはオススメ出来ます。

 

しかし、就職の一つとして考えるのであれば他の職業とも冷静に比較してしっかり考えるべきでしょう。

 

飲食業は特別な学歴や知識、技術や資格が無くても一生懸命に頑張れる人なら誰でも出来る仕事ですが、他の職業とは違う面でデメリットも有りますので人世設計を考えてから就職を決めるべきでしょう。

 

飲食業で働くデメリットとしては勤務時間の問題があります。

 

飲食店の種類にもよりますが、一応の労働時間は決まっておりますがお客さま次第で定時には帰れませんし勤務時間は夜遅くにもなります。

 

特に居酒屋系統は夕方から始まって朝の4時ぐらいまで働く事を覚悟する必要があります。

 

もっと早く深夜前に終る店も多いですが、その場合は朝早くから交代で勤務する必要もあります。

 

休暇も仲々まとめての有給休暇は取りにくいですのでバイトで一時的な仕事と考えるのであれば問題ありませんが、一生の仕事として就職するには時間と休暇問題を覚悟しませんと続きません。

 

特に結婚して子供もできますと夫婦で定時に夕食を食べたりすることは難しいことになります。

 

また、飲食業の現状は厳しい時代ですので数多くの飲食店が閉店をしますので、そのことも香料に入れておきませんと困ることがあります。