飲食業で働く意義

飲食業で働く意義

飲食店で働くメリットと聞かれますと答えに窮します。
 

 

どの世界でも同じですが飲食業を自分の生涯の仕事として将来は自分の店を持って独立することを夢を描いている方と、
一時の腰掛け的な仕事としては働いている方とでは根本的な意味が違います。

 

根本的に飲食業を好きでない人にとっての飲食店での仕事は、一時のバイトとして生活費の足しにする時給を得る以外に大したメリットはないでしょう。

 

飲食店の仕事でも調理師として働いている人とサービス面での仕事をしている方とは根本的なスタンスが違います。

 

調理師修行として働いている方は飲食店での仕事は店のためというよりも自分の修業の場であり、調理長である親方に付いて教えてもらっている立場になります。

 

意識としても飲食店のオーナーやマネージャーに雇用されている意識は薄くて調理長が自分達の親分であり師匠になりますので店のオーナーやマネージャーが何を言っても調理長から言われなければ本気では従いません。

 

一方、フロア関係のサービスに従事する方々は店のオーナーやマネージャーを中心に仕事をしておりますので店に対する帰属意識は調理師よりも高くなります。

 

調理関係に従事する人達にとって飲食店で働くメリットは「料理修行」に尽きますが、サービス関係に従事する人達にとってのメリットには「一時の収入を得るために便利な職場」という方と「飲食業で将来とも身を立てたい」人の二通りになります。

 

前者の方にとっては時給およびその他の待遇が良い事と、人間関係的に気持ちよく働ける事が重要になりますが、後者の人にとっては「店の発展とともに自分の立場と待遇に将来性に夢が持てる職場」であるか「ここで勉強して将来は独立したい」に分かれます。