気持ちの持ち方が最大のメリット

気持ちの持ち方が最大のメリット

飲食店のフロアのサーバーとして働くことは、その人の気持ち次第でメリットにも反対のデメリットにもなる職業と言えます。

 

飲食店のサービス係の仕事は特別な資格屋技術が無くても出来る内容ですが、基本的に接客の仕事ですから人と接する事が嫌いな人にとっては苦痛な仕事です。

 

嫌いな人にとってはお客様の前で笑顔を作ろうと思っても仲々自然には出来ませんので返って緊張して怒っているような顔になってしましいます.

 

もともと人と会話したり笑わしたりが好きな人に取って接客業は楽しいものです。

 

それでも人と接することが苦手な人も飲食業を根本的に嫌いでなければ心がけ一つで、その人なりの好感度は出て来てお客さまから好まれて来る人もいます。

 

人と接することが好きな人でも体調が悪かったり何かで気分を害していますと不機嫌さが顔に出ます。

 

結局は、どの職業でもそうですが自分の職業に一生懸命に取り組んでいる内に苦手意識もなくなって好感度なサービスが出来るようになるものです。
こちらの銀座の和食ランチで好評なお店ですが、さすが銀座という立地だけあってその接客と笑顔は高水準でこういった教育が徹底していることを感じます。

 

笑顔は無理に作らなくとも自分の気持ちと体調を良い状態に保つことが大切です。

 

人のご機嫌を無理に取ろうとしないで「自分のご機嫌を取る」事を大切にすることで自然に笑顔が出て来ます。

 

嫌な事があっても「自分の気持ちを保てる事が人間の修行」ですので、飲食店は苦手な人にとっては心がけ一つで「自分の心の修行」ができる素晴らしい職業なのです。

 

ですから、飲食業で働く一番のメリットは常に「自分の平常心を保つ」ための最高の仕事と言えます。

 

気持ちの持ち方一つで毎日が楽しくなりますし自分が成長して来ますので苦手な人も飲食業が好きになれます。