バーで働くメリットとデメリット

バーで働くメリットとデメリット

バーでアルバイトをすると、お客さんからお酒について聞かれる事も多々あります。
特にカクテルに使用されているお酒の種類だったり、お酒の味を聞かれる事もあるかもしれません。
そのため、自然とバーでアルバイトをすると、お酒について詳しくなる事が出来ます。

 

お酒に関する知識に関しては、あって損はないと言えるでしょう。
特に社会人になり、取引先の相手を接待するという場合に、相手の好きなお酒についてリサーチし、相手が求めるお店を選ぶ事も可能になります。

 

またお酒の話で会話が盛り上がるかもしれません。
飲みニケーションという言葉もあるぐらいですから、お酒の味方について、良好な人間関係を築きたいですよね。

 

他にもバーでアルバイトをするメリットは、いろいろあります。
バーカウンターであれば、1対1で会話をする事も少なくないので、人見知りを直す事も出来ます。

 

また知り合いが増え、交流関係も広がります。
そしてアルバイトの1番の目的は、お金を稼ぐ事です。

 

バーのアルバイトの場合、深夜料金が発生するため、他の飲食店のアルバイトと比較しても時給が高いのが魅力です。
居酒屋だと騒がしい店内ですが、バーだと落ち着いた空間なので、居心地よく働く事が出来るでしょう。

 

そんなメリットの多いバーのアルバイトですが、デメリットもあります。
まず、お酒の種類や作り方など、最初に覚えなければいけない事がたくさんあります。
深夜に働くため、学生アルバイトの場合は、昼夜逆転生活で、午前中の講義は遅刻が増えてしまうかもしれません。

 

最初は、大人の人と何を話していいのか話題に困ると戸惑ってしまう事もあるでしょう。
しかし、最初は苦労しても、身に着けて損はないスキルなので、長い目で見ればメリットになります。

 

イタリアンバルもおすすめです。こちらのお店はいかがでしょう?http://shinjuku-nuovo.com/