ソムリエの資格について

ソムリエの資格について

ワインは本当に種類が多く、味や香りもワインの種類によって異なります。
またワインの種類によって、合う料理も変わってくるので、飲食店でワインを扱う仕事についている場合は、ワインの勉強が必要になります。
日本ではソムリエとして働く場合に、ソムリエの資格がなくても働く事は可能です。

 

しかし、ソムリエと名乗っている以上、ワインに詳しい専門家として見られるわけです。
ワインの勉強をし、ソムリエの資格を取得した方が、仕事のスキルアップにつながりますし、仕事の幅が広がると言えるでしょう。
ソムリエの資格は、受験資格に一定期間の実務経験が必要となります。

 

そのため、ソムリエとして働きながら、資格の勉強をし、ソムリエの受験資格を得て、試験を受けるという流れが一般的です。
独学ではなく、ワインスクールに通うという選択肢もあります。
また専門学校に通うなら、ワインスクール以外でも、調理学校でワインと合う料理が作れるようになったり、ホテル関係の専門学校で、接客の技術を学ぶ事も、ソムリエに必要な知識やスキルが身につくと言えるでしょう。

 

将来は自分でお店を持ちたいなど、なりたい自分をイメージして、それに役立つ知識が身につく方法で学んでいけばいいでしょう。
ソムリエの受験資格は、実務経験が必要なので、すぐにソムリエの資格を取得する事は出来ません。

 

ですが、ワインエキスパートという資格であれば、受験資格は20歳以上であれば、誰でも受ける事が可能です。
なので、先にワインエキスパートの資格を取得するのも、選択肢の1つだと言えます。

 

後は、試験勉強対策として、本を読んで知識を身に着ける事も大切な事ですが、やはり、実際にいろいろなワインに触れる事が大切です。
ワインを扱っているレストランへ行き、メニューを見ながら、ワインを注文して味わう。
そんな努力の積み重ねも、ソムリエになるためには、必要な事です。

 

美味しいチーズとワインのお店はこちら。http://shibuya-f.net/