稼げる月と稼げない月がある

稼げる月と稼げない月がある

居酒屋のアルバイトは、稼げる月と稼げない月の落差が大きいと言えるでしょう。
特に最近、居酒屋はどこも人件費で、頭を悩ませています。
人手不足で時給を上げないと求人を出しても、なかなか人が集まらないためです。

 

そのため少しでも人件費をカットしようと、シフトに入っていても雨の日など客足が途絶えると早上がりになってしまいます。
シフトでは22時まで働く予定が、20時で早上がりになってしまうと、2時間分の時給を稼げなくなります。
そんな日が月に何日も続くと、アルバイトの収入に大きな打撃が生じますよね。

 

なので、アルバイト先に選ぶのであれば、雨の日でも客足が途絶えないような、駅に直結しているお店や忙しくても人気店を選ぶようにしましょう。

 

ちなみに天候以外でも、居酒屋のアルバイトは、稼げる月と稼げない月が存在します。
稼げる月と言えば、年末年始や3〜4月です。
なぜかというと、忘年会、新年会、歓送迎会のシーズンだからです。
飲み会の機会が多い月は、居酒屋は忙しいので客足も多く稼げる月だと言えます。

 

後は居酒屋の中でも、ビアガーデンなどに力を入れているお店や夏はそもそもビールの消費量が上がるので稼げる月だと言えるでしょう。
逆に特にイベントがない時期や、ボーナス前、給料日前、梅雨で雨が多い時期などは稼げない時期だと言えます。

 

予め稼げない月が分かっている場合は、その期間は別のアルバイトと掛け持ちをして、居酒屋のアルバイトに入る日数を減らしておく。
そうすれが早上がりになる日数も減って、収入も減らさずにすみます。

 

 

稼げる月と稼げない月がある関連ページ

飲食店のアルバイトはまかない目当て
飲食店のアルバイトはまかない目当て
居酒屋のアルバイトで対応力を身に着ける
居酒屋のアルバイトで対応力を身に着ける
居酒屋のアルバイトで身につく能力
居酒屋のアルバイトで身につく能力
居酒屋のアルバイトには出会いがある
居酒屋のアルバイトには出会いがある
居酒屋のキッチンスタッフの仕事内容について
居酒屋のキッチンスタッフの仕事内容について
居酒屋ならではの接客の対処法
居酒屋ならではの接客の対処法