主婦にとっての飲食店の仕事

主婦にとっての飲食店の仕事

女性の場合、結婚して子供ができますと子育てと主婦業をこなすために、仕事をするにも時間的にも母親として主婦としての責任がありますので時間的な制約の範囲でしか仕事が出来ません。

 

しかし、子供が成長するに従って子供が保育園や幼稚園に通えるようになりますので、子供を保育園や幼稚園に預けた後はゆうがたまでの時間が使えるようになります。

 

日中だけでも時間的に余裕が出来ますと、家計の助けのためにも自分の好きなものを買うためにも何らかの仕事がしたくなります。

 

勿論のこと、最近は自宅にいながら出来る内職的な手作業のバイトやパソコンで出来るバイトも有りますが、
飲食店でランチタイム前後の4〜5時間のバイトが出来れば収入の点ではかなり有利になります。
 

 

地域や飲食店の種類や時間帯によって飲食店の時給は多少の違いはありますが、一般的に主婦がランチタイムに働く時間帯での時給は900円から1200円が普通になります。

 

朝の10時から午後の3時までの5時間の勤務シフトが多いのですが、4時間のところもあります。

 

仮に時給1000円で計算すれば週に5日働いて一日5時間とすれば月に10万円ぐらいになりますし遅いランチも賄いとして食べられますし。交通費も至急されてユニフォームも貸してくれます。

 

一般的に10時に出勤して前日からの汚れの清掃とテーブルセッティングをしてランチ客の来店に備えます。

 

ランチ時間になりますと大勢のお客様が来店しますのでオーダー取りからサービスを明るい笑顔でおこなって後片付けをしてから賄いを頂いて午後3時頃に夜の仕事で来る次の重強引に引き継いで一日が終わります。

 

このように子育て中の主婦でも出来る仕事として飲食店のランチタイムは貴重な職場となっています。