初心の夢を忘れずに頑張る料理の世界

初心の夢を忘れずに頑張る料理の世界

高校を卒業して調理師になることを夢に調理師学校で勉強することから飲食業としての第一歩を踏み出す方も多くいます。

 

最近は大学を卒業してから調理師学校から始める人も、一度社会人として就職してから調理人になろうと心に決めて調理人修行に入る人もおります。

 

調理人になるには早い時期から修行した方が手先などの技術面で良い面もありますが、大学や社会人としてある程度の基本的な一般常識の勉強を下からのほうが良い面も有ります。

 

何れにしても調理人になるということは生涯を料理の世界で生きていこうという決意を固められる事が大切です。

 

調理師学校を卒業してどこかの一流のレストランや料理屋に調理師として修行をします。

 

長い下積みの修行をしながら少しずつの仕事を教えてもらい一人前になるには10年が必要です。

 

この下積み期間が料理人としての一生を左右する大切な期間で教えてくれる親方{調理長}を師匠にして、師匠が長い期間かけて身につけてきた技術と知識を教えてもらうのです。

 

親方から「一人前」として認められて初めて新しく出来る飲食店の調理長としての大役を得るのです。

 

もしくは、スポンサーでも付けば自分に店を作って独立する夢も現実のものになることが出来ます。

 

しかし、常に飲食業の経営には景気の波の影響も受けますし料理自体のりゅうこうもありますので、経営の面と料理技術の面での戦いが続きます。

 

日進月歩で料理技術も変化しますので常に勉強を怠ることはできません。

 

このような料理の世界ですから厳しいことはありますが、何よりも大切なことは自分の料理に対する情熱を失わないで若い頃に描いてきた夢を失わないことが成功の秘訣です。

 

料理の世界は奥が深くて一生かけるにふさわしい心理探求の世界です。
名古屋にあるおしゃれなお店 PalNA Aloha Table