飲食店で働くメリット・デメリット

飲食店は幅の広い職場を提供している。

飲食店には様々な種類がありますので働いている従業員の年齢もタイプも違ってきますので飲食店の種類によって働く意味もメリットも色々です。

 

飲食店の種類としては超高級な接待向けのレストランや高級料亭が有ったかと思うと、B旧グルメで低単価のお店もあります。

 

また、学校の学食レストランや企業の社員食堂も有りますし各自治体の食道もあります。

 

さらに、フランス料理やイタリアン、タイ料理、中国料理と世界各国のエスニック料理もあります。

 

日本の飲食店でも居酒屋もあればカフェやファストフードもあります。

 

街を見渡しますと上記のような飲食店が所狭しにひしめき合っております。

 

それぞれの飲食店には必ず従業員が頑張って働いております。

 

従業員には正社員として働いている男女がいれば、学生や主婦のバイトもいます。

 

また、高齢化時代を反映して定年後の男女もいます。

 

飲食店の仕事の種類には料理を作る料理人もいますが、和食からフレンチ、中華、イタリアン、ラーメンー焼き鳥などと数多くの種類の調理人がいますし、酒類を扱うバーテンダーからソムリエもいます。

 

フロアのサービスを行なうサーバーもいれば座敷の仲居さんもいますし、出前の配達をする人もいます。

 

このように飲食店にはものすごい種類の職場があります。

 

味方を変えますと、従業員の年齢から男女の性別、経験など、これほど幅の広い層の人達が働ける職業は少ないのです。

 

また、程度の高い技術と経験を要求される調理人や高級レストランや高級料理店などのサービスなどのように高い技術や知識、経験を必要とする仕事もあれば、普通に結構であれば特別な技術や能力が無くても出来る仕事もあります。

 

学生にとっての飲食店の仕事

高校や大学生などの若い学生が学業の合間に出来るバイトとして人気がるのはコンビニの店員や、スーパーなどのレジや商品管理もありますが、飲食店の種類によっては学生でも従事できますし時間的に夜に集中して出来ますので数多くの学生バイトが飲食店で働いています。

 

学生にとって一番のメリトとしては夏休みや冬休みなどに集中して働けることお有りますし、学校の勉強が終わった後の時間を選ぶこともできますので助かります。

 

また、飲食店での仕事には店によって違いますが大抵の場合は何らかの従業員用に賄いがでますので食費の意味でも助かります。

 

さらに、ユニフォームも貸与されますので服装の意味でも自分で用意しなくて済みますので費用的にも衣類の洗濯の点店でも助かります。
自宅から勤務先までの往復の交通費も支給されますので学生としての自分の定期などと組み合わせれば得にもなります。

 

勤務先で労災にも加入してくれますので仕事関係での事故でのケガや過労などで病気などの時に労災申請が出来ますので安心です。

 

若い学生は社会経験も少なく未熟ですが、飲食店の種類によっては先輩に少し教えてもらえば経験がなくても誰でも出来る仕事なので雇用してもらいやすいのです。

 

飲食店のバイトでは、特別な技術や経験がなくても出来る仕事が多いのですが、一番大切なことは明るい笑顔や正しい言葉遣いと礼儀作法になりますのでマナージャーや先輩従業員から指導されます。

 

このことは学生にとって何れ卒業して社会人として正式な仕事につくときの為に役に立つ事なのでバイト料をもらいながら指導してもらえますので特になります。

 

また、飲食店の仕事はお客さまとの関係に於いても仕事仲間との関係においても社会人として最も大切な人間関係の築き方の勉強にもなります。